• ホーム
  • 事務所紹介
  • 専門科紹介
  • アクセス
  • 報酬
  • お問い合わせ
開設センターの思い
当センターの特徴
無料相談実施中
HOME > 会社設立前

会社設立前

あなたはどこまで、会社設立を具体的に考えていらっしゃいますか?
  • 仕事の種類は、どういった人が必要ですか?
  • 採用の方法は?
  • 社会保険、労働保険への加入は?
  • 給与計算はだれがされますか?
  • 日々の経理業務はだれがされますか?
  • 従業員の出退勤はだれがされますか?
  • 事業計画はできていますか?
  • 設立の形態は?(法人、個人事業、法人成り)
  • 税制度をご存知ですか?(法人税、所得税、消費税)
  • 許認可を必要とする仕事ですか?
  • 会社の目的の記載方法は大丈夫ですか?
  • 設立した後の必要な届出はご存知ですか?
  • 役員の任期はどうすればよいか?
  • 各種届出の専門家にやってもらっていますか?
  • 士業独占業務とは?
  • 本店?所在は?(賃貸ですか?)
  • 事業活動に必要な設備は?
  • 財務会計ソフトの導入と活用は?
  • 設備投資と費用(経費)の関係はご存知ですか?
  • スタートアップ資金は?
  • 社会保険料の負担はどの程度かご存知ですか?
  • 対象となる補助金、助成金を確認しましたか?
  • 金融機関とのお付き合いはありますか?

※ただし、許認可業務・営業許可は行政書士が担当します。

↓ 上記のように、創業・開業前に「ビジネスプラン」が明確になっているかが大切です。

いわゆる、「ビジネスモデルの概要設計」ともいうべきものです。
このプランが漠然としたイメージではなく、具体的に「創業計画書」等のタイトルで表されるような”文書”として落とし込まれていることが大切です。

また、創業計画書は日本政策金融公庫等金融機関への説明で必要となります。融資を受けるには、借入申込をした時点で事業の将来性、成功可能性、融資をしても返済に問題がないか等について質問を受けます。

金融機関を説得するには、きちんとした創業計画書を作成する必要があります。
当センターでは、起業家と膝と膝を突き合わせたお打合せをもって、事業構想・イメージを具体化し、実現可能な創業計画書を作り上げるお手伝いを致します。

創業計画書を作成するにあたり、気をつけるべき点

  • 事業の独創性
  • 事業の実現可能性
  • 事業の収益性
  • 事業の継続性
  • 資金調達の見込み

上記のように、創業計画書は、しっかりとした内容を伴わせ、かつ起業家が自らの手で作成すべきで、外部に丸投げしても魂のこもったものは作成できません。ビジネススタートアップ支援センターが懇切丁寧に創業計画書作成をサポートします。

【本部】



大きな地図で見る
〒604-8173
京都市中京区両替町三条上ル柿本町398-2
三条烏丸土山ビル201号
税理士法人キーストーン内


【支部】



大きな地図で見る
〒520-0038
滋賀県大津市山上町5-37
やました司法書士社労士合同事務所 内


【支部】



大きな地図で見る
〒522-0073
滋賀県彦根市旭町9番25-702号
株式会社たすくソリューションズ
ひらお社会保険労務士事務所 内

お問い合わせ 詳しくはこちら